必見!状態重視の中古車選び

若者の車離れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本はモノがあふれています。
趣味も多種多様です。
お金の使い方も人それぞれです。
一昔前の男の子であれば、18歳になるとみんな免許を取りに行き、車を買うために一生懸命働いました。
しかし、今では車に関心がない若者が増えています。
インドアの人が増え、車を使って友達と外に遊びに行くことが減ったのかもしれません。
車の免許を取るところから考えると、お金がかかります。
教習所によって変わるが、免許を取るのに25万から35万はかかります。
安くないです。
そして、若い時は車の保険が高いです。
21歳未満であれば、車種によって変わるが、年間20万前後はするでしょう。
おまけにガソリン代が高いです。
田舎に住んでいて、車がなければ生活できないのであればしょうがないが、都市部であれば、そこまでお金を払って車を持つメリットは感じられません。
毎月平均2-3万のお金があれば、流行りの服を買うことも出来るでしょう。
そう考えていくと若者の車離れも理解できます。
では、自動車業界はどうすべきなのでしょうか。
難しい問題です。
しかし、若者を引き付けるような車を開発して販売することは重要です。
一部すでにそのような流れが始まっています。
デザインや使い勝手は変わるだろうし、商品販売のアプローチの仕方も変わるでしょう。
中古車の役割も大事です。
まずは一台車を買ってもらって、車なしの生活は考えられないようにするのです。
一度車を持ったら、手放すことは相当難しいからです。
今後、日本の人口は減っていき、高齢化が進む中で、車離れの若者にどれほど車を売れるかどうかは注目すべき点です。

Copyright (C)2018必見!状態重視の中古車選び.All rights reserved.