必見!状態重視の中古車選び

車を手放す

このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事の都合で海外に引っ越すことになりました。
それに伴い、2年ほど前に買った中古車を処分する必要が生じました。
2年間、大きなトラブルもなく走ってくれた愛車だが、まだまだ乗れるしもったいないと思いました。
友達の中でもらい手を探したが、中古の4ドアセダン1500CCはそれほど魅力のある車種ではないです。
残念ながら、もらい手は見つからなかったです。
これが軽ならすぐに見つかるのだが、しょうがないです。
今から十年前はガソリン代がとにかく安かったです。
なぜそんなに安かったのかわからないが、当時1リットルあたり89円で入れていたのを今でも覚えています。
しかし、その後3年の間にガソリン代はどんどん上がり、車を手放すときは140円前後になっていました。
どうしても車は処分する必要があったので、業者に車査定をしてもらうことにしました。
査定金額はなんと0円でした。
普通車は普通ゆえに価値が低いことを実感した瞬間でした。
大体どこの業者も同じだったので、お金を払って処分しないだけマシかと思い、ある業者に引き取りをお願いしました。
約束した日時に取りに来たが、最後の最後の交渉により5000円で買ってくれることになりました。
愛車は業者の人に引き取られ、私のもとを去って行きました。
10万円で購入した中古車で、2年間十分働いてくれたので私としては感謝しています。
車の査定をしてもらう時に、車の外だけでなく、中もきれいにしておくことは大事です。
ちょっとしたことだが、きれいな車は査定に来た人にいい印象を与え、車を大事にしていることを表すことが出来ます。
それでも、査定が0円のことがあるのであります。

Copyright (C)2018必見!状態重視の中古車選び.All rights reserved.