必見!状態重視の中古車選び

姉とホンダ車

このエントリーをはてなブックマークに追加
姉はどちらかというとさっぱりしていて男性的です。
免許を取り、新車を購入する時にそのことがよく表れていました。
記念すべき初代はホンダのCR-Xを姉は選んだのであります。
もちろん、マニュアルで色は黒であります。
なぜそれを選んだのか、深い経緯は知らないが、姉はCR-Xを毎日乗り回していました。
この車、後ろはかなり狭いです。
ガタガタ道では天井に頭をぶつけたことが何度もあります。
その後、役目を終え、姉は2代目を購入しました。
費用がなかったせいか、軽自動車のオートマに大きく変わったが、選んだのはやはりホンダで車種はZでありました。
軽だったが、天井は高く、CR-Xのように頭を天井にぶつけることはなくなりました。
ただ、車は変わっても運転の荒さは変わることなく、父が乗ると、いつも運転が荒いなぁと言っていました。
その後、姉は中古車でホンダのオデッセイを三代目に選んだのです。
この頃になると姉は実家を出ていたので、姉の車に乗る機会もだいぶ減ったが、姉のホンダ好きは変わることはなかったです。
私も実家を出たので会うのも年に一回ぐらいになってしまったが、姉は今でもホンダ車に乗っています。
車種は忘れてしまったが、6人乗りのステーションワゴン型です。
本人認めているが、給料は家のローンと車に消えてしまい、化粧品や服飾に使うお金はわずかであります。
であるから、いつも似たような服を着ており、鞄もいつも似たようなものを使っています。
しかし、本人はホンダ車が好きで、今日も愛車で出社していることでしょう。
事故だけは気をつけてほしいと思います。

Copyright (C)2018必見!状態重視の中古車選び.All rights reserved.