必見!状態重視の中古車選び

初めての陸運局

このエントリーをはてなブックマークに追加
何年も乗ってきた普通車がだいぶ痛んできました。
車検も近づいていたが、車検を通すのにいろいろと費用がかかりそうでした。
ハンドルを右に切っても、左に切ってもギシギシと音がするし、明らかに燃費も悪いです。
新車を買う費用はないし、と言って車なしでは生活が不便であります。
中古の軽自動車を購入しようかと検討したが、中古の軽は高いことに気付きました。
税金や車検の費用を考えたら、軽自動車は維持費が少なくて済むのだが、それでも初期費用が高すぎです。
素直にあきらめて、普通車で探すことにしました。
そんなある日、友達の知り合いの中古販売の店から連絡が入りました。
質のいい中古車が手に入ったとのことです。
さっそく見に行きました。
前のオーナーが女性だったせいか細かい傷は多かったが、大きな問題はなさそうでした。
片方のミラーが壊れていたが、直してくれるとのことでありました。
費用は全部込10万円でいいということで即決しました。
しかし、名義変更は自分で陸運局に行って手続きすることになりました。
初めて知ったのだが、毎日通っている国道沿いに陸運局は有りました。
自分に関係ないと気付かないものであります。
基本的に名義変更は15日以内にしないといけないらしいが、過ぎても問題はないです。
それでも、自動車税の納付通知書が来るので、早いうちにした方がいいです。
準備する書類はいろいろあって、印鑑証明書、車庫証明書、譲渡証明書、印鑑、車検証、自動車納税証明書、等々結構たくさんあります。
行く前に確認した方がいいでしょう。
陸運局には業者の人が多かったが、少数ながら、個人の人もいました。
結果、無事に名義変更も出来、新しい車を入手することが出来ました。

Copyright (C)2018必見!状態重視の中古車選び.All rights reserved.