必見!状態重視の中古車選び

ネパールで見た日本車の力

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本車は今でも海外で高い評価を得ています。
その理由に品質の高さがあります。
特に昔の車は丈夫に出来ています。
使っている部品の耐久年数が長いです。
十年ほど前にヒマラヤのふもとの国ネパールに3週間ほど友達と旅行に行ったことがあります。
貧しい国だが、人々はたくましく生きています。
この国で、日本ではすでに見ることが出来ないような日本の中古車がたくさん走っていました。
しかも、車種が同じです。
理由としてはその車種が丈夫なこと、世界中でたくさん売られたことです。
同じ車種であれば、壊れても部品の調達が簡単なことがあげられます。
万が一、寿命が来ても、部品取りとして使えるわけで補修も楽です。
エンジンが壊れない限り、車は走ることが出来るのであります。
日本車はすごいと思いました。
町中走っている車が一昔前の車で、インドや中国あたりで乗らなくなったようなボロボロのバスや車も多かったです。
バスに乗ったら、座席横のガラスが割れてなかったこともありました。
ボロボロのベンツのバスを見るとこういうベンツもあるのかと感心したものであります。
それ以来、ネパールに行く機会がないので、どのような変化が起きているのか知ることが出来ません。
国としては大きな変化を経験したが、少しでも現地の人の生活水準が向上することを願っています。
十年前、ネパールでたくさんの日本の中古車を見て、日本とネパールのつながりを感じることが出来ました。
今後、文化や経済など幅広い分野で交流がなされ、太いつながりに変わっていくことを希望しています。

Copyright (C)2018必見!状態重視の中古車選び.All rights reserved.